国家試験対策

スキャットのシステムが国家試験対策で使われている理由!

校内での国家試験対策模試・演習では…すぐに成績表を返して間違えた問題を復習させたい!
自己採点ではなく成績表を返したい!成績データが欲しい!
…など、悩みは尽きることがありません。
そのお悩みスキャネットが解決します。

OMRの導入費や保守費用がいりません!
スキャネットの採点システムを利用するために必要なものは、
1.Windowsパソコン+ソフトウェア
2.スキャネットシート
3.カラースキャナまたはデジタルカラー複合機 
この3点で手軽にマークシート採点システムが利用できます!

数十万~数百万円するOMR購入や、保守費用が不要でスキャナとソフトウェアの購入のみで本格的な採点システムの導入が可能です。

詳しい成績表や分析データが出力できるソフト「らく点マークくん スタンダード」は国家試験対策に最適です。
成績表や分析表が13種類出力できます。個人成績表はPDFで出力されているので、印刷してすぐに返却ができます。分析表はExcelで出力されます。内容も詳細で国家試験や資格試験の対策にも利用されています。

【国家試験対策ソフト】
『らく点マークくんスタンダード』
▶ソフト詳細はこちら
※国家試験対策以外でもご利用いただけます。

無料サンプル

国家試験対策実施フロー

国家試験対策、自己採点で済ませていませんか?マークシートの採点に慣れていない学生は塗ったつもり、消したつもりのマークミスの危険性があります!本番でマークミスしないためにこのフローで実践的な国家試験対策が有効です。

【校内模試の実施】
先生が作成した選択式の問題や各種過去問を使って模試を行います。
また、看護師国家試験対策を行う場合には「看護師国家試験 過去問データベース ナースカコモさん」もご利用いただけます。
▶ナースカコモさんとは?

【スキャン、採点】
テストの正解配点や特殊採点を設定し、回収したマークシートをスキャナで読み取ります。

【成績表返却・分析】
採点が完了したら、すぐに個人成績表と分析データをPDFとExcelで出力できます。
得点や順位、設問ごとの正誤・正答率がわかる「個人成績表」、全体がひと目でわかる「成績一覧表」「得点分布表」、分析に便利な「各設問の選択肢別解答率表」「SP表」、その他「成績上位者一覧表」「正誤表」「問題別正答率・識別指数表」「欠席者名簿」など充実した帳票が出力できます。

【復習】
国家試験の午前・午後の成績を1つの模試として合算して成績表に表示できます。
また、分野を設定することで、分野ごとの得点を表示できる機能や前回の模試の得点を履歴として表示することができます。どこが弱点なのかひと目でわかり、学生の復習に役立ちます。

よくあるご質問

Q ソフトウェアのアップデートには料金がかかるのでしょうか。
A 有料ソフトらく点マークくんスタンダードは売り切りのソフトウェアになります。アップデートは無料で対応しております。

Q ソフトウェアをインストールできるPCの数には制限がありますか。
A 有料ソフトらく点マークくんスタンダードのライセンスは1台のパソコンにのみインストール有効です。複数台にインストールする場合は台数分のライセンスが必要です。

Q ソフトウェアを購入前に試すことはできませんか。
A もちろんお試しいただけます。期限付きのライセンスを発行させて頂きます。また、会社近辺であればデモにお伺いすることも可能です。お気軽にお問い合わせください。

Q スキャナは何でも良いでしょうか。
A カラーでjpeg形式で保存できるタイプのスキャナや複合機であれば利用できます。是非、学校にある機械で読み取り可能かどうか、無料のサンプルでお試しください。

Q マークシートはスキャネットシートを必ず購入しなければならないのでしょうか。
A はい、弊社のソフトウェア(らく点マークくんスタンダード等)はスキャネットシートの読み取りに対応しているものになりますので、スキャネットシートをご購入ください。

Q ソフトウェア・マークシートの見積もりがほしいです。
A 有料ソフトのお見積りは弊社営業部までお問い合わせください。

無料サンプル

カテゴリ:スキャネットシート活用法

タグ: